読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きらきら、ひかる。

「食べ方は生き方」「毎日を好きなことだけで埋め尽くす」「家=最高に居心地のいいお城」がテーマ。 結婚3年目の幸せな日々を、千葉の小さな食卓からデザインしています♪

寝る前に幸せな気持ちになった♡

はたゆかさん、 ありがとうございます♡ https://www.facebook.com/okuayachan/posts/1205245309592618 わたしは 「愛してるよ」だった♡

あなたより上はいないし、あなたより下もいない。

学生時代の友人のFacebookを見るに あ、彼女なんかやってるな、、、 という感じの子がひとり。笑 これはディスるわけではまったくなくて、というか わたしも経験があって(※コミュニティビジネス) なんだか以前の自分を見ているようなこそばゆさなんかもあっ…

目に見えないもの、自分の概念を超えた場所にあるものにあらゆることを委ねていくということ。

掴みたいのに、掴めていないものは きっと自分で予想していない見えていないところに転がっていて いま持っている理屈だったり 損得勘定だったり 〜しなきゃ・ねばべき思考だったり このへんを守ることを諦めて、 いったん手放して まぁいっか 損するかもだ…

"宇宙銀行"から引き出してきた。

おっと、もう少しだけ手元にお金を持っておきたいなぁ と帰りがけにふと思い出して銀行へ。 何気なく見上げた午後の空のグラデーションを見ていたら、お金をおろしに行くのに なんだか清々しい気持ちになって。 "宇宙銀行"だったか "宇宙貯金"だったか なに…

時間の余裕は心の余裕。

時間の余裕だけは守りたいな〜。 それは、イコール 心の余裕になるから。 最近、朝が少し遅まき気味になっていて 反省、、、。 朝のご機嫌度が下がる。 〜7時に起きれたときと 8時〜に起きたときの気持ち良さの差。 自分のために使える時間が1時間たっぷりあ…

お金との関係性が変わった?

ずっと気になっていながらもあとまわしにしていたものの、先日のある日になんとなーく 吸い寄せられるように手に入れて読んだ、子宮委員長はるさんの「お金は子宮が引き寄せる」。 そういえば、 そういえば、 お金のことを考えないでいる時間が ぐぐーーんと…

商売人の誠意のなさ=購買意欲が消えたはなし。

たとえば、わたしは お洋服を作ることができなくて。 だから代わりに、 お金をはじめなにかしらのコストをはらって 作ってもらったものを受け取る流れなのだけど。 作ってもらって 値段をつけてもらったものに対して 「このくらいのお金を払おう」 「この日…

すべては 信じて、祈って、見守る。

人を育てる、というとおこがましいけど 誰かを導くとか 見守るとか そういう立場にあるときは その人そもそもが持っているチカラを信じて、 見守る。 "放置する"とは異なって きちんと興味を持ち、 相手のことを見ていてあげること。 そしてここに、 "祈る"…

執着を認めた先に見えたもの。

わたしは、ある意味ドライで むかしの仲間とか そういうのはどうでも良い方で。 ("いま、ここ"にいるわたしとは、切り離された存在という意味で) 人への執着は"数"という意味では 少ない方だとおもう。 執着するのは主に食べ物笑 そんな中で、ふたりだけ 強…

"時間"は縮みもするし膨らみもする。

こんなに定量化できないものは ないのではないか。 昨日の朝から月のものがやってきたのだけど 今日はお腹のいたみがそこそこ強くて、仕事休みなのをいいことに お昼はぱったりと眠ってた。 4時間くらいかな。 せっかくの休みだから読書をたくさんしよう! …

夢のために生きてるんじゃない。

「夢があっていいなぁ。」 そんな言葉を久しぶりにかけてもらえたのだけどなんだか感覚的にピンとこなかったのは、なぜだったのか。 わたしには世の中で言うところの"夢"と呼べるものがあるのだけど、それはタラレバの仮定の世界にあるものではなくてちゃん…

期待をかけない、期待に応えない。

やめたこと。 誰かに期待をかけることと、誰かの期待に応えること。 誰かに期待をかけることは、その期待を裏切られる可能性をはらんでいて (だって、こちらが勝手に期待しているだけだから) 誰かの期待に応えることはその過程の中で、無理や我慢を自身に強…

ひとりの自由、ふたりの自由。

「結婚は、自由のはじまりだ!」 大好きな森の生活者・四角大輔さんからこのことばをいただいたとき、なんて素敵なことば!と胸が熱くなったけれど当時は胸に落ちきらなかったというのが本音だった。 結婚してから、ちまたで言う結婚は人生の墓場だ〜的な(さ…

コミュニケーションにおける"愛"の話。

正しい働きかけ方という確固たるものが存在するわけではないのだけど働きかける側と働きかけられる側の双方が幸せになれる、という意味においてある程度のセオリーはあるのだと感じる。(働きかける、ということばは上下関係を感じさせるので微妙だけどここで…

精神世界を磨く、満たす。  

日の出時間を過ぎてからの起床なので、朝のスタートはものすごく早かったわけではないのだけどお昼をまわった時点での、この強烈な充足感。 休日のこの感覚が、ちょこっと久しぶりで じわじわと嬉しい。 朝イチに夫とフルーツを食べて きちんとつくった白湯…

☆世界は一連の流れの中ではなくて、瞬間の積み重ねの中に

2016年の締めは 黒豆づくりにお屠蘇(おとそ)づくり、年越しそばづくりでした! 黒豆が黒々とならなかったのだけど(笑)味は本当に最高!! お醤油をほんの少し垂らしてからの味わいが素晴らしくて。。 鍋の中をじーっと見つめて、すごく幸せな気持ち(@´ー`@)…