きらきら、ひかる。

「食べ方は生き方」「毎日を好きなことだけで埋め尽くす」「家=最高に居心地のいいお城」がテーマ。 結婚3年目の幸せな日々を、千葉の小さな食卓からデザインしています♪

生きる。

時間の余裕は心の余裕。

時間の余裕だけは守りたいな〜。 それは、イコール 心の余裕になるから。 最近、朝が少し遅まき気味になっていて 反省、、、。 朝のご機嫌度が下がる。 〜7時に起きれたときと 8時〜に起きたときの気持ち良さの差。 自分のために使える時間が1時間たっぷりあ…

わたしのからだは、わたしだけのものじゃなかった。

結婚して2周年♡ 以前いちどうかがってから美味しさとホスピタリティ、ロケーションに感激した中目黒のSOAKSさんにごはんを食べに☆ (ここは本当にオススメ!以前書いたオススメブログはこちら) 素材にこだわり、ひとつひとつをきちんと作っている感じが伝わっ…

いつもと少しだけ違うルートをとってみる。

「少しでもいつもと違う行動を取ると 流れが変わる」。 むかし、何かの本で読んだことが いまだに頭に残っている。 本にあったのは、例えば トイレの一番手前の個室を使う習慣があるのなら たまにそれを破って二番目の個室を使うとかそういう小さな違いを選…

良質な睡眠→ゆったりした朝時間=最高の贅沢と改めて知る。

愛用の起床アプリ「sleep meister」の画面より。 (寝たのが遅めだったのがばれる汗) ※朝が得意でない妹にも勧めたけど好評! 最近、起床時間が遅めで 7時をまわってしまうことが多かったのが、ゆるゆると復活! 久しぶりの朝日に感動、、、 朝日を浴びるのと…

一年の計は"元旦"に。

水面に夕日が反射して ひかりをはなつ。 武蔵国の一宮、氷川神社にて。 参道をもくもくと歩きながら、ふと目に入った光景が琴線に触れてなぜだかうわーっと、涙が込み上げた。 それまで定まりきらなかった"何をお祈りしたかったのか"がそのときに自分のなか…

変わりゆくこと、手放すことを恐れない。

人生を変えてくれたことも 人生を変えてくれた人も 自分にとって、ずっと同じポジションに存在し続けるわけではない。 良くも悪くも自身の背景に流れる景色が刻々と変化していく、このスピード感はわたしの気質も手伝っているのかもしれない。 目の前にある…

夢のために生きてるんじゃない。

「夢があっていいなぁ。」 そんな言葉を久しぶりにかけてもらえたのだけどなんだか感覚的にピンとこなかったのは、なぜだったのか。 わたしには世の中で言うところの"夢"と呼べるものがあるのだけど、それはタラレバの仮定の世界にあるものではなくてちゃん…

期待をかけない、期待に応えない。

やめたこと。 誰かに期待をかけることと、誰かの期待に応えること。 誰かに期待をかけることは、その期待を裏切られる可能性をはらんでいて (だって、こちらが勝手に期待しているだけだから) 誰かの期待に応えることはその過程の中で、無理や我慢を自身に強…

その発信が、だれかの役に立つ。  

わたしがFacebookでの発信を始めたのが2013年ごろ。 Facebookには"過去のこの日"という機能があって2013年とか2014年の過去投稿をいま読み返すとひぇぇ!と、恥ずかしいことだらけなのだけど。 というのも、実は当時のわたしは某・怪しいビジネスにはまって…

今日も、太陽とともに。

朝からずーっと、太陽といっしょに生きてるのが嬉しくて(*^^*) AM7:00頃 朝日におはよう。 AM10:30頃 おひとりさまブランチ。 太陽を浴びながら、ぽっこりまんまるの 温泉卵の至福。 AM11:00頃 家でいちばん好きなスポット。 自分のデスクと、降りそそぐ太陽…

いま、ここに生きている。

今年初めての雪! 小さな粉雪が、 空からさらさらと舞い落ちる。 朝早くに低い気温の銀座の街なかで 雪雲に覆われた空を見上げながら歩いていた今朝のわたしは、まるで ただ、ここに生きていることを祝福されているような なんともいえない幸福感につつまれ…

ひとりの自由、ふたりの自由。

「結婚は、自由のはじまりだ!」 大好きな森の生活者・四角大輔さんからこのことばをいただいたとき、なんて素敵なことば!と胸が熱くなったけれど当時は胸に落ちきらなかったというのが本音だった。 結婚してから、ちまたで言う結婚は人生の墓場だ〜的な(さ…

カハタレトキ(彼は誰時)とタソガレドキ(誰そ彼時) に寄り添って、人生が動き出す。

太陽を見上げながら、まいにちを過ごすことを覚えて思うこと。 カハタレトキ=彼は誰時、すなわち明け方を示す。(「彼は誰?」と聞かなければ相手の顔がわからないくらい薄暗い朝の時間を言う) ちょこんと顔を出した太陽は、みるみるうちに全貌をあらわして…

コミュニケーションにおける"愛"の話。

正しい働きかけ方という確固たるものが存在するわけではないのだけど働きかける側と働きかけられる側の双方が幸せになれる、という意味においてある程度のセオリーはあるのだと感じる。(働きかける、ということばは上下関係を感じさせるので微妙だけどここで…

精神世界を磨く、満たす。  

日の出時間を過ぎてからの起床なので、朝のスタートはものすごく早かったわけではないのだけどお昼をまわった時点での、この強烈な充足感。 休日のこの感覚が、ちょこっと久しぶりで じわじわと嬉しい。 朝イチに夫とフルーツを食べて きちんとつくった白湯…

叶えたいことの途中地点と、実は叶えたいことの外にあったキラキラして見えた場所と。

世界は、わたしの鏡。 12月の半ばに、念願だった新しい環境(イメージしてもらいやすく言うならば新しい仕事みたいなもの)に飛び込むことができました。 応募者がたくさんいる人気の仕事で募集がかかる機会も限られていてそんな中で、何度も選考してもらって…

☆新年やってよかったこと、嬉しかったこと。

お正月にうちの実家と主人の実家、 それぞれに帰るのは付き合っていたときからも数えると4年目くらいかな。 おせち料理をいちど作ってみたくてけど、いつも両実家で出してもらえるので足踏み(うちまで用意したら3回おせちを食べることになるのかと)していた…