読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きらきら、ひかる。

「食べ方は生き方」「毎日を好きなことだけで埋め尽くす」「家=最高に居心地のいいお城」がテーマ。 結婚3年目の幸せな日々を、千葉の小さな食卓からデザインしています♪

☆人日の節句、松の内明けの冬の空気を感じておもうこと。

晩冬の風にすすきがそよぐ。

 

 


冷たい雨も、わたしには前ほど冷たくなくて
春先に少し暖かい空気に触れたときの高揚感と似た感覚を味わう自分に
驚きと喜び。

 

 


体温があがって

冬が嫌ではなくなったこと。

 

歩くのが好きになったこと。

 

f:id:kirakiraaya:20170109174126j:image

こんな素敵な神社が実家の近くにあるなんて、

15年ものあいだ知らなかった。

 

 

 

 

きちんとご飯を食べられること。

 

きちんと食材を吟味して選んで、大切に扱って味わえること。

 

f:id:kirakiraaya:20170109173538j:image

 愛されて育てられ流通してきたお野菜は、美味しさがプライスレス。

 

 

 

真っ赤に燃える朝日をあびて

ゆったりと、朝のしたくができること。

 

f:id:kirakiraaya:20170109173806j:image

 

 

 

 

季節を味わうこと。

 

冬から春にうつりかわる一瞬と
金木犀の香りがふわりと鼻先をかすめる一瞬だけが、
肌で季節を感じる数少ない折々だったけれど。

 

 もうすぐ梅が咲く季節の、

冬の澄んだ空気のにおい。

 

 

 


きちんとやりはじめたこと。

 

年中行事を味わうこと。

  

f:id:kirakiraaya:20170109173905j:image

 

 

七草粥とゆり根のてんぷらに、食卓が華やぎ
時間がくつろぎ
家族の顔がほころんだ。

 

 

f:id:kirakiraaya:20170109174028j:image

  

f:id:kirakiraaya:20170109174007j:image

 母と祖母、妹そして主人にふるまった七草粥

 


特別なことは何もなくて、

ただただ 暮らしのひとつひとつと丁寧に向き合えるようになっただけなのだけど。

 

 

幸せだ。